傾聴の資格が取得できる傾聴の学校です。認定傾聴サポーターの資格、傾聴講師の資格取得についてご紹介します。認定講座終了後、継続してロールプレイや傾聴の再受講ができます。

  • 受講者ログイン

傾聴サポーターは自分の「楽」を、
大切な人の「楽」につなげる
聴き方の専門家


※「傾聴サポーター」は一般社団法人日本傾聴能力開発協会の登録商標です。

8つの特典

認定資格

一般社団法人から傾聴に特化した、一般社団法人日本傾聴能力開発協会「認定傾聴サポーター®」の資格を取得できます。

講座開催ができる

講座一部のコンテンツを使って、自分で講座開催ができます。※条件付き

専用名刺

ビジネスにも使える、協会ロゴマーク入りの専用名刺を作れます。(有料)

修了証

最終回に協会から修了証が授与されます。

受講順自由

認定までは単位制。全12コマ受講順の前後も自由。都合のあう日にわけて受講可能。

無料再受講あり

受講開始翌月から2か月間、再受講無料。その後も有料で再受講可。さらに、認定傾聴サポーターには再受講の特別割引あり

日程変更自由

急な予定変更でも安心。開催予定日の中なら、日程変更が自由に出来ます。
※お申込みから1年以内に限ります

傾聴専門の講師を目指せる

認定傾聴サポーターは13年の実績がある「傾聴1日講座R」他、傾聴ボランティア向け講演会講師養成講座など受講資格が与えられます(参加費別) ※詳しくは講師養成をご覧ください。

聴き方を習ってみませんか?

私たちは、生まれてから一度も「話を聴く方法」については、誰からも教わってきませんでした。
ただ、学校の先生や大人たちから、「私が話している最中は、黙って聞きなさい!」とだけ言われて育ってきました。
ですから、私たちの脳は「聴く=黙る」としか、認識できません。

でも、話し方には尊敬語、謙譲語、丁寧語、ため口など種類があるように、聴き方にも種類があります。
その聴き方を使い間違っていることで、人間関係のトラブルが起きているのです。
話し方の種類を使い間違えば、表に出るのですぐに相手の反応で、間違えたことに気付くことができます。
でも、聴き方は間違えていても、誰も教えてくれません。

また、言いたい気持ちをガマンして、ただ押し殺して聞いているだけではツラいのではないでしょうか?

「余計なことを言わないように、我慢していたらツラかった」
「最終的に言いたい気持ちを抑えていたら、爆発してしまった」

そんな経験はないでしょうか?
米国マサチューセッツ工科大学の脳科学専門の某教授の研究によると、抑圧(ガマン)をくり返し行うと、短期的には成果が出ているようにみえても、中長期的にみると、抑圧は必ず脳のリバウンド(爆発)を引き起こすことがわかっています。
さらに頑張ろうとすることで、もっとひどい抑圧と脳のリバウンドをくり返すことがわかっています。
ガマンすればするほど、聴くのがつらくなり人間関係もよくならないのはそのためです。
聴くのがつらい理由がハッキリしているのに、まだ我慢して頑張る修行的な聴き方をつづけますか?

傾聴サポーター養成講座では、聴いてもらった人が楽になることも大切ですが、まずその前に、話を聴くあなた自身が楽になることが大切だと考えています。
傾聴サポーター養成講座では自分に安心して話を聴くために必要な、傾聴スキル、傾聴の正しい知識、そして聴ける心に整えるための方法を具体的に学んでいきます。
ちゃんと人の話を聴きたいけれど、聴くのがつらい、難しいと感じている方に最適な講座です。

こんな方にオススメ

  • 自分のことがあまり好きではない
  • 自分をもっとよく知りたい
  • 聴き上手になりたい
  • 人間関係をよくしたい
  • 他人のために何かをしたい
  • 感情のコントロールが難しい
  • 自信がない
  • やる気が出ない
  • 緊張しやすい
  • 認定資格が欲しい
  • 傾聴の講師をめざしたい
  • 人に教えることをやりたい
※上記のどれか一つでも該当する方に、この講座をオススメします。

◆こんな方には向いていないかもしれません

・なんでもいいから資格が欲しい
・資格を盾にして権威で人を説得したい
・他人をうまくコントロールしたい
・楽をして儲けたい

カリキュラム

傾聴をまったく知らない人でも安心して学べるないようです。自分が楽になる傾聴をぜひ知ってください。
(学習例)
・傾聴とは?全体像の理解
・傾聴の初歩的な知識
・傾聴を体験してみる
・傾聴する人に本当に大切なこと
傾聴力を育てるために絶対に必要な、土台となる知識とスキルを学びます。なぜ話が聴きにくくなるか、その理由もわかるでしょう。
(学習例)
・傾聴の専門的な知識を覚える
・うなずき、あいづちの意味の理解とロールプレイ
・聴きにくさの原因は?
傾聴を深めるスキルを中心に練習します。聴く体験と聴いてもう体験ができます。応用練習もあります。
(学習例)
・くり返しの意味を知る&ロールプレイ
・伝え返し、質問スキル
・日常系活でありがちな場面での練習
・応用練習

「傾聴サポーター養成講座」と「傾聴一日講座」の違い

講座の進み方

講座は全12コマから構成されていて(初級3コマ、中級3コマ、上級6コマ)、全12コマをすべて受講すれば修了となり、認定資格が与えられます。
基本は1日3コマずつ開催れていますが、年に数回、夜まで毎日4コマ×3日間の集中講座もあります。

2016.4.136T3A0005 (480)

修了と認定

初級→中級→上級と受講したら、認定傾聴サポーターの修了証を差し上げます。でも、本当の学びはここからです。再受講ができますので、何度も受けに来てください。
各講座はすべて1コマ1時間半×3コマで構成されています。再受講は初級の1番最初から順番通り受ける必要はありません。時間の都合と希望に合わせて、受けたいところだけ受講できます。

受講の流れ

受講者の声

mb07
mb07 二宮和美さん
私が人と会話しているときの思い出すのは、聞き役になっている自分。特に、母親や友人との会話では、自分が話したとしても、話を持っていかれたりすり替えられたり 「話を聞いてもらえない」という思いがずっとありました。いろいろ悩んでいた時期には、カウンセリングなどでお金を払わないと話は「聴いてはもらえないのだ」と思ったこともあります。やがて、周りの人にも環境にも恵まれ、その考え方が変わって行きました。「人の話を聴いて自分を見つめる、自分から沸き起こる感情や考えを見つめる」そういう方法で自分をもっと知ることができることがわかり、聴き方の勉強をしたくなりました。多少費用がかかっても、これだ!!!というとこで傾聴の勉強すると決めた私は、岩松先生の傾聴一日講座を受け、さらに傾聴サポーター養成講座を受けました。遠方で交通費がかかっても受講しようと思ったのは、「聴く人が楽になる傾聴」という言葉にひかれたからです。過去、話を聞いてもらえないと思っていた私は、「話を聞くことは役割である」、しかも「自分の声すら聴けていなかった」のだと気づきました。傾聴サポーター養成講座の内容はいろんなエッセンスが含まれていると思います。日常、コミュニケーションの知識を広げたり、深めたりする機会は少ないので何もかも新鮮でした。そして、その鮮度を保つべく、これからも再受講や自らの学びを深めていこうと思っています。
mb12
mb12 藤本祥和さん
6か月後の感想
生きている限り喜怒哀楽の感情に流されてしまうことはよくあり、また、モヤモヤした気持ちのまま、堂々巡りで物事が前に進まないこともある。傾聴を学ぶことによって、そんな「感情」との距離のとり方が分かるようになった。どんな感情であれ、それをそのまま「いま自分はこんなキモチなんだ」と知ることで、心が落ちつき、自然体でいられる。また、自分自身の好奇心、そこから、ほかの人への好奇心が自然とわいてくるようにもなった。「人間って面白い~!」と改めて実感できるようになった。質問する、という観点で言えば、自分の、いまこの瞬間の気持ちを聴くことは、自分の「現在地」を知ることだといえる。どこに向かうにせよ、現在地を知る技術があれば、道に迷わなくなるものだと思う。
mb12
mb12 はまや かおりさん
6か月後の感想
一言で言うと「傾聴ということを再認識しました」。いくつかの講座にも参加したり、実際にボランティアとして経験したにも関わらず、今回初めて自分の気持ちと一致した感じがあります。頭で何となくイメージしていたものが、こころでイメージできたような感じですかね。(抽象的な言い方ですね(笑))。きっと岩松先生の分かりやすい教え方が私に合っていると思います。一緒に学んだ方達ともご縁があり、今後も協力し、刺激しあいながら成長していきます。自分の心の変化に気づきを感じながら、ラクに楽しくいきたいと思いました。最後に、サポーター認定をありがとうございます。これからも色々教えて、協力してください。ラクに頑張りまーすp(^-^)q
mb_wm
mb_wm M・Rさん
6か月後の感想
自分への傾聴がこんなにも大切だということを知りませんでした。こちらの傾聴講座に通学するようになってからとても変わりました。どんな自分にもOK!をだせるようにいなったことがなにより違っていることです。今までの私は、周りに合わせるコト、自分が我慢すれば・・・それを中心に生きてきました。あの人が苦手・・・でもいいとこ見なきゃ!自分の気持ちを否定して、こう考えるのはダメ。こんな風に思っちゃダメ。そればかりでした。それが、いったん自分の気持ちを認めだすと・・・なんて楽んでしょう!こういう気持ちがあるなぁー、じゃ、どうなりたいの?など、まずは受け答えしてから、自分の望みを見つけられるようになっています。今の自分が大好きです。好きになれています。自分がこんなに楽で居られる方法を、まず、身近な方々に伝えたい。家族や友人や、身近な方々にも知ってほしい方法です。自分と向きあえるようになったこと、自分を大切にできるようになったこと。自分の感じたままに伝えられるようになったこと。モヤモヤを感じた時に、チャンスだと思えるようになったこと。そして、それをたどり、自分の方ン等の気持ちがわかるようになったこと。それに、それを伝えたいと思えたこと。自分への傾聴を使えるようになってよかったです。
mb_wm
O・Mさん
mb_wm 6か月後の感想
傾聴の講座を受講して、知りえた事から、自分自身がとても楽なりました。もともと穏やかであまり感情を大きく表現することのなかった私ですが、それはひとくくりにおだやからという理由にして自分の本当の気持ちをださない、表現をあまりしない、自分自身でも見ない、感じない、スルーするということをしていたのだと、あとから感じています。もしかしたらハードは能面のように固くこわばった状態で、やさしい自分を表現にのせていただけだったのかもしれないと思いました。現在は、自分の心の声を少しずつですが確認できる時や回数が増えてきて、今、こう感じているんだなー。今、イラっとしたなー。嬉しいなー。認めて欲しいと切望している自分がいるなー。自分にとって都合が悪いがために、人にプチイラっとしたなー。と都度都度自分の心に語り掛けてが出ています。まだ進化の途上でありまして、自分の心の外から落ち着いて観察する前に、とっさに口から言葉が出てしまって人に失礼なことを言ってしまったとか、もう少し言葉を選べばよかったと反省することもあり、落ち込んだり、気持ちが上がったり、いろいろですが、この状態をわかっている自分自身がいることが、嬉しく楽しいと思っています。1つ1つ言葉や、ほんの少しのわずかな感覚の違いなど、細部を大切に、とぎすまされた感性や感覚で周りの人たちと自分自身がハッピーになっていこうと思います。JKDAの岩松先生の傾聴に出会て本当に良かったです。これからも、大切に勉強していきます。

申し込み方法

  • 以下の日程一覧(初級&中級、上級)から、参加希望日をお選びください。
  • 日程が決まっていない場合は、とりあえず「来場初日」のみお決めください。後日残りの参加日をお知らせください。
  • 初回来場日より1年間、日程変更が無料で可能です。
  • 「初級」と「中級」は、システムの都合上、初級と中級一緒の表示ですが、別々に申し込み可能です。片方のみ参加の場合は、その旨備考欄にご記入ください。
  • 申し込み後も日程の変更が可能です。変更をご希望の場合は、申し込み後にお知らせください。(有効期限:1年)
  • 初~上級同時申し込みの方は、初級から受け始めなくても、全12コマの中から日程の都合が合う順番で受講いただいても大丈夫です。
  • 初級のみの受講も可能です。 ※中級、上級を修了するまで認定資格は取得できません
  • ※3か月目以降の再受講、及び日程の振り替えは、サービスで提供しているものですので中止、変更になる場合があります。
  • ※詳しくはお問い合わせいただくか、無料体験参加にお越しいただきご質問ください。

受講料

初級+中級+上級 180,800円

※すべて込み(12コマ分の受講費、登録料、初年度年会費、税)

<参考>
・初級 15,000円 ※3コマ
・中級 35,000円 ※3コマ。初級修了者のみ受講可
・上級 130,800円 ※6コマ。中級修了者のみ受講可。登録料&初年度年会費込み
ただし、3講座同時申し込みの方に限り、

bn_waribiki2
認定コース 148,800円
定価180,800円

※すべて込み(受講費、登録料、初年度年会費、税)
※資格の維持のためには翌年から、年会費(1万円+税)が必要です。

日程・詳細


TOP