傾聴の資格が取得できる傾聴の学校

  • 受講者ログイン

15年間、4200人分蓄積してきた
「伝わる傾聴」のノウハウを伝えします

認定傾聴サポーターの資格を取得するだけでも、傾聴サポーター養成講座の初級講座を開催できるインストラクターになることができます。

さらに、企業研修や自主開催の傾聴講座をビジネスとして展開したい方には、1日でさらに傾聴を学べるように作られた、以下の傾聴1日講座®の講師を目指すことができます。

spt05

傾聴1日講座®とは

傾聴1日講座は、代表講師である岩松正史が、いまから10年以上前の2007年から開催し、企業のメンタルケア、コミュニケーション研修として、また、自主募集の講座として350回以上開催、4100人を超える方が受講されています。※2018年8月現在

1日という限られた時間の中で効率よく傾聴の基礎を身に着けるためのプログラムです。

「基礎講座」と「実用講座」の2つから構成されています。2016年に長年蓄積してきた「伝わる」ノウハウを公開し、JKDA初の認定講師が誕生。現在、関東~関西を中心に、認定講師達が活躍しています。

傾聴サポーターの資格取得後の次のステップとして、聴く人が楽に聴ける傾聴を、たくさんの人に伝えたい方に最適な資格です。

※受講条件等、詳細は以下の各開催日の「詳細」リンクからご覧いただけます。

このような人に向いている講座です

☑ 伝える仕事に興味はあるけれど、一人ではどこから始めたらいいか分からない人
☑ 講師業に興味がある人
☑ 「人の心と脳に伝わる仕組み」に興味がある人
☑ 傾聴を社会に広めたい人
☑ チャレンジできることを探している人
☑ 考え込んで立ち止まるよりも、行動しながら考えたい人
☑ 自分に期待し、自分に投資しようと思える人
☑ 自分自身の傾聴力をさらに高めたい人(伝えようと思うからより身につく!)

もし、一つでも上の項目に当てはまるなら、この講座の受講に向いています。

このような人は向きません

・講師や伝えることに関心がない人
・楽をして成功したいと思っている人
・指示待ちで自分から行動したくない人
・自分だけ得をしたいと思う人
・自己成長への関心がない人
・傾聴に関心がない人

興味がある方は、自分の将来に投資してみてはいかがでしょうか?

講師になるメリット

現在、25名の講師の方が全国で講座を開催されています。(2019年6月現在)
講師になることで得られるものには以下のようなものがあります。
☑ 収入を得る手段として実績があるコンテンツを持つことが出来る
☑ 個人募集だけでなく企業研修デモのそのまま使える
☑ 15年の中で培われた「伝わる」ノウハウを伝えられるようになる
☑ 講師としてお役に立てる自信がつく
☑ 伝え方自体を学ぶので、他の講座の開催などにも応用できる
☑ 講師の方限定のフォローが受けられる
☑ 自分に自信がつく
☑ そしてなりにより、傾聴力が格段にアップする!

特に一番最後の「傾聴力が格段にアップする」は講師陣から必ず聞こえてくる話です。

傾聴をちゃんと伝えるためには、講座に参加している人たちの肝にを理解し、伝わっているか確認しながら進めないとできません。

まさに傾聴力が求められます。


実は、私がこの講座を始めた当初、伝え方がマズくて怒らせてしまったり、泣かせてしまってり、お客さんとのトラブルの連続でした。

傾聴は特に人心の問題に近いところを触っていく講座なので伝え方に繊細さが求められます。

伝えることは簡単ではありません。

でも、基本となるノウハウがすでにあることで、この3年間、講師陣から大きなトラブルの話は聞こえてきません。

ぜひご興味ある方は、まずは講座の型通り「伝える」ことで「伝わっていく」感覚を体感してください。

伝わることにこだわった傾聴1日講座を一緒に広めていく仲間が増えることをお待ちしております。

今後の講師養成講座

受講条件等、詳細は以下の各開催日の詳細リンクからご覧いただけます。

TOP