傾聴の資格が取得できる傾聴の学校

  • 受講者ログイン

理由は3つ

なぜカウンセラーの資格を取っても
自信をもって相談を受けられないのか?

大きく分けて
理由は3あります

  1. 理由1

    相談を受けるために必要な
    を持っていない

    多くのカウンセリング学校では、カウンセリングの理論を学び、理論に沿った練習をします。

    心理学の勉強にはなっても、実践に沿った面談の練習になっていないことも多いようです。

    どのように進めどのように終えるのかが不明な、目的地不明の漂流船にならないために、起承転結の型を持つことが必要です。

  2. 理由2

    のいい練習が不足している

    たとえばカウンセラーの資格取得が主目的の講座の場合、個人の相談能力まで掘り下げて、本当にできるようになるための指導までしてもらえないことが多いのではないでしょうか?

    実戦形式の練習の量そのものが少ないこともあります。

    ロールプレイを「ただやってみている」「逐語をとってみる」「お互いに評価しあう」だけでは、実践的な練習にはなりません。なぜその練習をするのか?明確な目的をもった練習が必要です。

  3. 理由3

    相談を受ける
    の準備が整っていない

    知識もスキルもそれを使うのは「人」です。

    相談に乗ることは人と向かうことですから、同じ「人」である自分が整っていないと出来ません。

    自分の整え方がよくわからない人が、誰かの問題解決の支援をしようとするのは大変です。

    相談を受けている最中に、相手の感情に巻き込まれる、焦る、イライラする、反論・意見・説得したくなる、どうしていいか困りながら話を聴いている…。

    聴く自分が整っていないと知識もスキルも使えません。

うまくいかない人

  • 知識やスキルの量と
    習熟度
    が圧倒的に足りない
  • 相談を受けるのに必要な
    自分なりの型を持っていない
  • 相談や質問できる
    信頼できる指導者やメンターがいない
  • 練習量と質が足りない
  • 何を目指してカウンセリングを
    受けているのか?目的が不明確
  • 自分自身の心の状態が整っておらず
    自信がない

うまくいく人

  • 相談を受けるときの自分なりの
    起承転結の型が決まっている
  • 緊張感がある練習の場を持っている
  • 相談や質問ができる指導者やメンターがいる
  • 相談を受ける目的が明確でぶれない
  • 自分自身に安心しながら人と関われている

これまで
「起承転結の流れ」
「脳と心の使い方」まで
教えてくれた講座はありましたか?

これまでカウンセリングのスキルを教えるセミナーはあっても、カウンセラー自身の「脳と心の使い方」まで教える講座はほとんどといっていいほどありませんでした。

ましてや「問題解決の起承転結」と相談を受ける側の「脳と心の使い方」の両方教えてくれる講座は皆無といってもいいでしょう。

なぜなかったかといえば、その理由は単純です。

実際のカウンセリング経験を持ち、問題解決につながるカウンセリングについて語ることができ、さらに脳と心の話をわかりやすく説明できる人がいなかったからです。

もし、カウンセリングの起承転結が理解でき、カウンセラーとして自信が持てる正しい脳と心の使い方まで身に着けられる講座があるとしたら、その講座の受講者は、他の講座の受講者よりも断然大きな成果を上げるはずだと思いませんか?

そして、その講座は実際に存在します。

それが今回ご紹介する、一般社団法人日本傾聴能力開発協会の
「傾聴心理師®養成講座6ヶ月実践コース」です。

まず、協会代表の岩松正史についてご紹介させていただきます。


TOP