傾聴の資格が取得できる傾聴の学校

  • 受講者ログイン
新型コロナ対応について詳しくはこちら
講師 しらいし やすよ

白石 安代

聴き方がわかればコミュニケーションはうまくいく! あなたの「聴く耳」つくりをお手伝いします

氏名
白石 安代(しらいし やすよ)
資格
認定傾聴サポーター
傾聴1日講座(基礎&実用)講師
地域
群馬
URL

傾聴コミュニケーション「こころつなぐ聴き方」
https://h-tunagu.com

■音声配信

最近はビジネスでも話を聴くことの大切さが注目されていますね。

また子育てでも「子どもの話を聴きましょう」と言われます。

けれど、

・なかなか難しい
・やりたくてもできない
・黙って聴くのはつらい

という声も多く聞こえます。

「傾聴って我慢ですよね」と言われることもあります。
けれど答えは「NO」です。

傾聴は我慢修行ではありません。

「自分を押さえて言いたいことは我慢し、相手の話を肯定して聴か
なければならない」は誤解です。

もしそのような聴き方をしていたら、聴くのがどんどん辛くなって
しまうと思いませんか?

じつは我慢するのではなく、あなたがらくであればあるほど、人の
話は聴きやすくなります。

「傾聴1日講座」は、基本的なスキルの練習もしますが、傾聴する
ときに大切な“マインド”(心の整え方)を合わせて学び、あなたがら
くに聴けるようになることを目指します。

ぜひ、一緒に“らくな聴き上手”になりませんか?

あなたを全力で応援します。

───

白石安代

1970年長野県生まれ。群馬県在住。
2児の母。猫好き。

「傾聴1日講座」開催のほか、さまざまな活動を行う。
(ロールプレイ練習会、JKDA傾聴サービス、研修、講演会など)

【私が傾聴を続ける理由】

それは自分も、自分の周りの人も、本当に大切にできるようになる
コミュニケーション方法だと知っているからです。

そして聴き上手な人が増えたら、お互いを支えあい、分かり合える
優しい世の中になると信じているからです。

聴き上手は連鎖します。

あなたが誰かに傾聴をしたら、その人は必ず「傾聴をされた体験」
を持ちます。

傾聴された人は「話を聴いてもらうっていいなぁ」と感じるでしょ
う。

すると「じゃあ、私も誰かの話を聴いてみようかな」と思ってくれ
るかもしれません。

そんなふうに広がっていったら、優しい社会にどんどん近づいてい
くと思いませんか?

傾聴はたんに話を聴くスキルというだけではありません。

『私は私でいい。あなたもあなたでいい。』

を認め合えるようになります。

そんな温かい気持ちになれる傾聴を、多くの人に知ってもらいたい

これが私が傾聴を続ける思いです。

「白石 安代」の傾聴1日講座開催日


TOP