傾聴の資格が取得できる傾聴の学校です。認定傾聴サポーターの資格、傾聴講師の資格取得についてご紹介します。認定講座終了後、継続してロールプレイや傾聴の再受講ができます。

  • 受講者ログイン

聴くだけではなく、話すことも苦手ですが大丈夫でしょうか?

話すこと、聴くことはまったくく同じことです。「聴く(聞く)」ということは、相手の言いたいことをちゃんとわかること。「話す」のは自分の言いたいことを相手に伝わるように伝えること。やることはアウトプットとインプットで真逆のようでいて、実は伝えたい主訴(しゅそ)をちゃんと理解しないと、相手の言いたいこともわからないし、自分話すときも迷走してしまします。傾聴で行う、気持ちに焦点を当てて「言いたいことをわかっていく」という練習は、聴くときだけでなく、話す練習にもなりますのでご安心ください。


TOP