傾聴の資格が取得できる傾聴の学校です。認定傾聴サポーターの資格、傾聴講師の資格取得についてご紹介します。認定講座終了後、継続してロールプレイや傾聴の再受講ができます。

  • 受講者ログイン

他の講師との違いは何ですか?

代表理事の岩松正史は、10年以上にわたり傾聴に特化して個人・企業に現場で使える傾聴をお伝えしています。蓄えられたノウハウは、おそらく他の講座では得ることができないものがあると自負しております。
また、傾聴サポーターの認定資格の取得後、その10年以上の蓄積されたノウハウをもとに、傾聴専門の講師を目指すチャンスがあるのも特徴の一つです。この傾聴講座のプログラムは、セミナーのような自主開催から、自治体や一部上場企業のメンタルヘルスケアスキル向上としても使われてきたメソッドです。このように傾聴に特化した「経験」と現場で蓄積された「ノウハウ」の量の違いが特徴と考えています。


TOP