傾聴の資格が取得できる傾聴の学校です。認定傾聴サポーターの資格、傾聴講師の資格取得についてご紹介します。認定講座終了後、継続してロールプレイや傾聴の再受講ができます。

  • 受講者ログイン

「傾聴サポーター®養成講座」と「傾聴1日講座®」の違いは何でしょうか?

  • 「傾聴サポーター®養成講座」は、通学&再受講を前提に12コマ48時間の学習による「認定資格取得」と「継続学習(再受講)」を前提にした「傾聴の学校」です。
  • 「傾聴1日講座®」は一日完結型の講座で、短時間で傾聴の基礎を学ぶ企業研修などに最適な一日7時間程のセミナーです(資格の取得はできません)。

<向いている人のイメージ>
◆資格取得、継続学習 → 傾聴サポーター養成講座
◆短時間でポイントのみ学習 → 傾聴1日講座

<主な相違点>

傾聴サポーター養成講座 傾聴1日講座
学習時間 24時間 7時間
日数 4日 1日
認定資格授与(修了証) あり なし
無料再受講 あり なし
受講料 148,800万円 25,000円
講師を目指す 可能 認定傾聴サポーターの資格
+
講師養成講座の受講が必須

TOP