深い傾聴をして根っこの主訴を「感じ」取ろうとすればするほど、問題解決が早くなる。なぜなら問題とは、人が「感じ」るものだから。