「事実の変化」ばかりに注目し、「感じ方の変化」に注目しなければ、問題は永遠に解決されない