「事実の変化」は感じ方の変化を引き起こすための、一つの方法でしかない。事実は変えられないことがある。事実の変化にこだわると支援は行きづまする。