話の主訴は、考えて理解するものじゃない。感じたら、わかってしまうもの。