自由すぎる時ほど、不自由を感じる時はない。いくらか束縛があるほうが、自由に生きられたりする。自由な束縛が欲しい。‬