真っ暗で、深く、大き過ぎる絶望の時を過ごしていたとしても、その中にたった一つ、豆粒ほどの光が見えただけで、人はそれを「希望」と呼ぶことができる。‬絶望の中にこそ希望が見える。‬