カテゴリー: 傾聴語録

一番身近にいる自分すら大切に出来ない人が、他人を大切にできるはずがない‬もっと読む→

‪自分の書斎の片付け方がわからない人が、他人の部屋の片付けだけは上手なんてことはあり得ない。‬ ‪傾もっと読む→

‪「くり返す」ことが本質ではない。でも、くり返しができない人もまた本質に近づくことは出来ない。‬もっと読む→

「相手の使った言葉を使ってくり返す=無機質で機械的な応答になる」という、刷り込まれた思い込みを、どうもっと読む→

‪人は心がけだけで変わることができない。一瞬変わったように見えてもすぐ元に戻ってしまう。心がけなくてもっと読む→

‪いくら他人を口撃しても、あなたの価値はあがらない。そんな暇があったら「痛いよぉ〜」「怖いよぉ〜」ともっと読む→

他人を分析し、型にはめ、色々提案してやらせることほど、面白いことはない。そういうやり方は、自己顕示欲もっと読む→

正しく伝えることよりも、いくらか間違った表現でも、伝わるように伝えることの方が大事。伝わらない正しさもっと読む→

積極的に生きようが、消極的に生きようが結局それなりの問題が起きる。そして積極的な時は、問題もそれなりもっと読む→

何も努力をしないでおいて、ありのままの自分でいたら、本当に幸せと感じることができるだろうか?ありのまもっと読む→

「傾聴ばかりしていても、問題は解決しない!」という人に限って、たいして深い傾聴はできていなかったりすもっと読む→

深い傾聴をして根っこの主訴を「感じ」取ろうとすればするほど、問題解決が早くなる。なぜなら問題とは、人もっと読む→

「問題」は「感じ」なくなった時に解決し終わる。解決すべきは「感じ」方、つまり気持ち。‬クレームも同じもっと読む→

「事実の変化」ばかりに注目し、「感じ方の変化」に注目しなければ、問題は永遠に解決されないもっと読む→

「事実の変化」は感じ方の変化を引き起こすための、一つの方法でしかない。事実は変えられないことがある。もっと読む→

傾聴を「頷き相づちすること」だと思っている人は、一生傾聴力は上がらない。もっと読む→

自由すぎる時ほど、不自由を感じる時はない。いくらか束縛があるほうが、自由に生きられたりする。自由な束もっと読む→

人の失敗を許せない人は、自分の失敗も許せない。そしてさらに人の失敗が許せなくなり、 自分の失敗がもっもっと読む→