傾聴の資格が取得できる傾聴の学校です。認定傾聴サポーターの資格、傾聴講師の資格取得についてご紹介します。認定講座終了後、継続してロールプレイや傾聴の再受講ができます。

テスト

認定資格

上級講座まで全12コマ(最短4日)を修了し、登録料を支払えば、一般社団法人日本傾聴能力開発協会認定傾聴サポーターの資格が取得できます。

専用名刺

認定傾聴サポーターの方は協会専用名刺をつくれます。手作りの名刺とは信頼感が違います(有料)。

再受講2か月無料

受講開始日の翌々月末まで、再受講が無料で受けられます。その後も、有料で再受講が可能なので学びっぱなしになる心配がありません。 ※お席が限られているため、満席の場合参加できない場合もあります。

通学コースが選べる

「2日間完結」「月2回ずつゆっくりと」「昼」「夜」などライフスタイルの方にあわせた講座をご用意しました。

振替可能

参加できない日は空きがあれば他の日程にふりかえも可能。

受講順が自由

講座は1日3コマの日程で募集をしていりますが基本「単位制」なので、どのレッスンからで受講いただけます。徐旧口座との組み合わせもOK。 例)初級5→初級1→初級3… 例)上級5→初級2→初級1…など

応用練習もあり

上級6は応用練習の時間。その時々で練習内容を変えます。すでに受講した練習だけでなく、カリキュラムにはない応用練習もあります。※詳しくは上級講座をご覧ください。

講師を目指せる

修了者は10年間傾聴やメンタルケアの研修で実際に使用してきたコンテンツを学べる講師養成講座の受講資格を得ることができます。 ※詳しくは講師養成をご覧ください。
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.