あなたの会社の採用は
どうすればうまくいく集まるか?定着するか?

第1部 売り手市場の時代に、採用実績を2倍に増やした手法


他業種の人材を採用しつづけている採用のプロ、現役ベテラン人事担当者による講演会

① 採用のプロが実践している「採用の常識が変わる傾聴採用法」講演会(90分)
② 採用法ミニ講習会(60分)

第2部 採用率を上げ、離職率を下げるコミュニケーション7つの法則


コミュニケーションスキルの専門家3名による、入りたくなる企業、働き続けたくなる企業陣の作り方についての講演会(120分)

※第1部のみ、第2部のみでも参加可能

イベントのご案内

イベント名 人事採用担当のための傾聴
日時 7月1日(土)13:00~19:00 (受付開始12:40)

・第1部 13:00~16:00
・第2部 17:00~19:00

会場 ナチュラック神楽坂駅前(飯田橋/神楽坂)
東京都新宿区神楽坂6-48 TOMOSビル6階 <地図
飯田橋駅9分、神楽坂駅1分
参加費 8,900円 税込

・第1部のみの方 5,000円
・第2部のみの方 5,000円

対象 ・採用する立場の方(採用担当者、経営者など)
・採用活動に関心がある一般の方
・組織内の人材育成や、コミュニケーションに関心がある方
懇親会 第2部終了後、近隣飲食店で懇親会を開催予定です。(実費)
その他 ・参加費入金後のキャンセルの場合、返金はいたしません。予めご了承ください。

第1部 売り手市場の時代に採用実績を2倍に増やした手法
(講演会/ミニ講習会)

年間300人を面接し多様な業種の人材を採用してきた、採用のプロによる特別講座。

傾聴をベースにした面接により、入社してからのミスマッチを防ぐと共に、求職者が当社にマッチするかどうかを判断できるようになり、採用率が上がった実績をもとに傾聴を使った面接のメリットとやり方をお伝えします。

この講演会でわかること

☑ ベテランの採用担当者はどのような視点、方法で採用を行っているか
☑ 最新の採用事情
☑ 売り手市場の時代に採用活動をスムーズに進めるポイント
☑ 今までの採用面接の欠点
☑ 傾聴ベースの採用法に変えるといい理由
☑ 傾聴採用法導入前後の実績の違い
☑ どこから始め、なにを変えればよいか?
☑ 実際の体験ができる(ミニ講座)



傾聴をベースにした面接により、入社してからのミスマッチを防ぐと共に、求職者が当社にマッチするかどうかを判断できるようになり、採用率が上がった実績をもとに傾聴を使った面接のメリットとやり方をお伝えします。

傾聴とは「相手の気持ちに寄り添うスキル」です。そのスキルを面接で活かし、求職者にも企業の気持ちを聴いてもらえる方法を、包み隠さずお話します。

実際に求職者からは、採用担当者と企業への信頼感が高まったとの反応をいただいています。
傾聴とは何か?傾聴で面接するとはどういうことか?

今までの常識的な採用方法では解決できなかった、採用にまつわる問題を解決する有効な方法の一つとして、傾聴ベースの採用法、面接法のメリットをお伝えします。

傾聴という言葉を今まで聞いたことがなかった方も、丁寧に説明しますので安心してお越しください。

講師

高坂一彦 (たかさか・かずひこ)


某企業 ベテラン人事採用担当



平成12年、上場準備を開始したフランチャイズ本部の人事部に入社。採用、教育を担当する。

最初は手探りで始めた採用業務も、新卒採用、中途採用、事務系、技術系、営業系等、それぞれ特色があり、面接や説明会で企業の想いを伝えることの難しさを痛感する。

時々、当時注目を集めていたネットに依る掲示板でも批判された事もあり、採用率を上げるために何をしなければならないか、試行錯誤する日々を送る。
その後、一旦一般企業から離れて、国会議員の公設秘書を務めて、社会の実情を学ぶ。

その間、労働問題や雇用問題にも触れることができ。様々な問題の解決には、企業の理解と成長が欠かせないと気づく。
平成22年、再び、一般の中小企業で人事の仕事に復帰する。

飛びこんだ業界は医療、福祉業界。慢性的な人手不足で完全な売り手市場。併せて、中小企業の採用は更に厳しい現実の中にある。
そこで役に立ったのは、国政にかかわっていた時に知った求職者の現状と切実な事情を抱えた気持ちです。

その気持ちに寄り添う事こそ、採用に繋がると考えるようになり、
併せて、人事業務はカウンセリングと密接な連携が必要になる時代を迎え、平成26年から、カウンセリングを通して傾聴のスキルを学ぶ。

平成27年からは、傾聴のスキルを使った採用方法に着手。
現在、年間延べ約300名の求職者と面談をして、売り手市場の中、年間約60名の採用実績(新卒・中途)を2年続ける。

その他、傾聴講座、呼吸法講座などの認定講師として活躍する。

講演会だけ(90分)の参加もできますが、第1部の後半には実際の面接手法のミニ講習会もありますので、そちらにもぜひご参加ください。

さらに、他社でどのような採用方法をとっているか知れるだけでも貴重ですが、講師の高坂先生に、採用に関する質問をしていただく時間も十分にとります。

高坂先生自身、現役の企業内採用担当ですから内部情報に関する話は出来ないこともあります。でも、採用についての手法、考え方、抱えている問題は自由に質問できますので、採用に関する切実な疑問を、気軽に質問してみてください。

<ご確認ください>
面接手法、事例、採用のポイントをお伝えするための会です。労働基準法などの法律・法令についてのご質問にはお答えできません。管轄の労働基準監督署又は、ハローワークにお問い合わせください。

以下の申し込みボタンより、お申し込みください

第1部のみ、第2部のみの参加も可

第2部 採用率を上げ、離職率を下げるコミュニケーション7つの法則
(セミナー)

第2部は、高坂先生とも親交が深い、経営者でありコミュニケーションの専門家である2名の講師も参加しての、採用活動にも関係が深い人とのかかわり方のセミナーです。

この講演会でわかること

☑ 人が入りたくなる企業とは?
☑ 安心して働ける職場づくりのためにいまできること
☑ 呼吸法を職場にとりいれる効果と方法
☑ みんなの息が合う職場づくりとは?
☑ 傾聴とは何をどう聴くのか?
☑ ビジネスでの傾聴の活用法
☑ いまから変えると効果が出る聴き方のポイント
☑ 組織内でのよい聴き手の育て方のステップ


講師

・高坂一彦 (たかさか・かずひこ)
・倉橋竜也 (くらはし・たつや)日本マイブレス協会 代表理事
・岩松正史 (いわまつ・まさふみ)(社)日本傾聴能力開発協会 代表理事
※プロフィールは以下をご覧ください


以下の申し込みボタンより、お申し込みください

第1部のみ、第2部のみの参加も可

講師紹介(第2部から加わる講師)

倉橋竜也 (くらはし・たつや)


日本マイブレス協会 代表理事
アイネスト株式会社 代表取締役
日本メンタルサービス研究所 代表理事



5歳の時、生まれたばかりの弟が亡くなり、父親から「死ぬということは、息ができなくなることだ。おまえは息ができることに感謝しなさい。」と教えられたことをきっかけに息をすること、つまり呼吸に興味を持つようになる。
 
小学時代は、6年間ずっと水泳教室に通いつつ、呼吸の仕方、特に息を吸う前にしっかり吐き切ることでラクに早く泳げることを知る。

高校時代は、柔道部に所属し、相手の呼吸のリズムを読むこと、特に相手が息を吸ったタイミングにあわせて技をかけると、自分よりも大柄で力が強い選手でも技をかけやすいことを知る。
 
大学卒業後、システムエンジニア、竹炭製造の現場を経て、25歳で独立し会社を設立するが、コミュニケーションが苦手なのが災いして営業や社内統制がうまくいかず事業を潰し、多額の借金を抱える。

その後、借金返済のためフリーターとしてコンビニでレジ係、居酒屋で皿洗いのアルバイトをする。

アルバイトを続けていた頃、「なぜ自分はうまくいかなかったのか。一方でなぜうまくいく人がいるのだろうか。」と考えるなかで「そうだ、うまくいっている人に直接聞けばいい!」と思い立ち、インタビューを敢行。

多くの事業家、作家、アスリートを取材し、メールマガジンやWebサイトで記事を発信する中で、成功者には独特の「息づかい」があり、また周囲や世の中の「息づかい」を読むことに長けていることを知る。
 
31歳の時に研修教育企業であるアイネスト株式会社を設立し、講師としての活動を始める。

これまで学んだ息づかいの方法を「呼吸法」としてまとめ、自分のココロとアタマの使い方を知ることで、講師として人前に立つときに極度の緊張がなくなり、借金のストレスで86Kgまで増えた体重が63Kgまで落ち、怒ることやイライラすることが少なくなり、周りの人間関係もスムーズになった。
 
32歳の時にメールマガジン「毎日1分 天才のヒント」を創刊し、呼吸法のメソッドなどを毎朝欠かさず配信を行ったところ、創刊時はたった数十人だった読者数が数万人となり、現在も継続中。メールマガジンの読者の増加に比例して事業の業績を伸ばす。

社内研修で呼吸法を取り入れたところ、新規の通販事業を任されたスタッフが多くの困難やプレッシャーを乗り越えて、ゼロからスタートして年間1000万円以上の売上げのビジネスを構築したり、電話受付をしているスタッフがお客様と落ち着いて対応できるようになりストレスが軽減するなど、ビジネスの現場で「呼吸法」が成果を出せることを知る。
 
やがて、社外でも呼吸法の講座を開催するようになり、受講者がビジネスだけでなく、家庭や友人関係、健康やお金とのつきあい方などあらゆる場面で「呼吸法」を生かすようになる。

フェイスブックにて「1日1回 呼吸法を続けよう」というコミュニティーを立ち上げたところ、600名以上のメンバーが参加し、現在でも活発に実践報告が投稿されている。
 

その後「日本マイブレス協会」を立ち上げ、呼吸法を生かした心身を調えて、どんな外的状況においてもココロがブレない技術を伝え、認定講師の育成も行っている。

また2014年には、オーストラリア3都市(メルボルン、ケアンズ、パース)にて呼吸法講座を開催し、今後は日本だけでなく海外でも呼吸法講座を展開予定。

ヨガやピラティスなど海外から日本へ持ち込まれてきたメソッドが多い中、日本で生まれた「呼吸法」という素晴らしいメソッドを世界に発信していきたいと考えている。

岩松正史 (いわまつ・まさふみ)


一般社団法人 日本傾聴能力開発協会 代表
心理カウンセラー
著書:「聴く力の強化書(自由国民社)」の著者



2005年から心理カウンセラーとして活動。引きこもり支援NPOの相談員、傾聴ボランティア育成、カウンセリングルームの運営、企業、団体向けのメンタルヘルスケア研修、保育園、小学校、子育て支援施設などでのコミュニケーション講座などの経験が豊富。

厚生労働省管轄の神奈川県西部地域若者サポートステーション事業に従事し、1年で100回以上の面談を実施した。

2007年から始めた、聴き方の基本を効率的に学ぶ研修、傾聴1日講座®は全国で270回以上開催。 受講者は4000人を超える。

2015年、傾聴の資格が取得でき、傾聴を学び続けられる学校として、一般社団法人日本傾聴能力開発協会を設立。傾聴サポーター®と講師の育成を行っている。

現在は後進の育成とともに、企業、組織内によい聴き手を育成する仕組みづくりの導入支援に力を入れている。

カウンセリングスキルとあわせて、正しい脳の使い方をベースとした記憶法、学習法、読書法、ダイエットなども伝える「よりよい脳と心の使い方」が専門。

100年後の日本に住む子供たちの笑顔を増やすために、いまを生きる大人が笑顔でいることの重要性を痛感している。そのため、「聴く人が楽な気持ちで聴ける方法を伝える」がモットー。

<資格>
国家資格キャリアコンサルタント
産業カウンセラー
心理相談員 など

イベントのご案内

イベント名 人事採用担当のための傾聴
日時 7月1日(土)13:00~19:00 (受付開始12:40)

・第1部 13:00~16:00
・第2部 17:00~19:00

会場 ナチュラック神楽坂駅前(飯田橋/神楽坂)
東京都新宿区神楽坂6-48 TOMOSビル6階 <地図
飯田橋駅9分、神楽坂駅1分
参加費 8,900円 税込

・第1部のみの方 5,000円
・第2部のみの方 5,000円

対象 ・採用する立場の方(採用担当者、経営者など)
・採用活動に関心がある一般の方
・組織内の人材育成や、コミュニケーションに関心がある方
懇親会 第2部終了後、近隣飲食店で懇親会を開催予定です。(実費)
その他 ・参加費入金後のキャンセルの場合、返金はいたしません。予めご了承ください。

以下の申し込みボタンより、お申し込みください

第1部のみ、第2部のみの参加も可